B16文学の方法(海外篇)

ダンテ『神曲』講義
ダンテ『神曲』講義 今道友信
父のトランク―ノーベル文学賞受賞講演
父のトランク―ノーベル文学賞受賞講演 パムク,オルハン〈Pamuk,Orhan〉 和久井路子【訳】
ブラッドベリがやってくる―小説の愉快
ブラッドベリがやってくる―小説の愉快 ブラッドベリ,レイ〈Bradbury,Ray〉 小川高義【訳】
ブラッドベリはどこへゆく―未来の回廊
ブラッドベリはどこへゆく―未来の回廊 ブラッドベリ,レイ〈Bradbury,Ray〉 小川高義【訳】
カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ
カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ カルヴィーノ,イタロ〈Calvino,Italo〉 米川良夫【訳】
Iichiko 〈no.76〉 特集:オクタビオ・パス
Iichiko 〈no.76〉 特集:オクタビオ・パス 河北秀也
オマージュの試み
オマージュの試み シオラン,E.M〈Cioran,´EmileM.〉 金井裕【訳】
小説の精神
小説の精神 クンデラ,ミラン〈Kundera,Milan〉 金井裕 浅野敏夫【訳】
危険を冒して書く―異色作家たちへのパリ・インタヴュー
危険を冒して書く―異色作家たちへのパリ・インタヴュー ワイス,ジェイソン〈Weiss,Jason〉 浅野敏夫【訳】
始まりの現象―意図と方法
始まりの現象―意図と方法 サイード,エドワード・W.〈Said,EdwardW.〉 山形和美 小林昌夫【訳】
作者の図像学
作者の図像学 ナンシー,ジャン=リュック〈Nancy,Jean‐Luc〉 フェラーリ,フェデリコ〈Ferrari,Federico〉 林好雄【訳】
小説の理論
小説の理論 ジェルジュ・ルカーチ 原田義人
文学のレッスン
文学のレッスン 丸谷才一 湯川豊【聞き手】
世界×現在×文学―作家ファイル
世界×現在×文学―作家ファイル 越川芳明 柴田元幸 沼野充義 野崎歓 野谷文昭
世界文学を継ぐ者たち―翻訳家の窓辺から
世界文学を継ぐ者たち―翻訳家の窓辺から 早川敦子
早わかり世界の文学―パスティーシュ読書術
早わかり世界の文学―パスティーシュ読書術 清水義範
探究この世界 〈2009年10ー11月〉
探究この世界 〈2009年10ー11月〉 池澤夏樹
池澤夏樹の世界文学リミックス
池澤夏樹の世界文学リミックス 池澤夏樹
世界文学を読みほどく―スタンダールからピンチョンまで
世界文学を読みほどく―スタンダールからピンチョンまで 池沢夏樹
恋する世界文学
恋する世界文学 佐藤真由美
東京大学で世界文学を学ぶ
東京大学で世界文学を学ぶ 辻原登
世界文学の名言
世界文学の名言 ベルトン,クリストファー〈Belton,Christopher〉 渡辺順子【訳】
私の世界文学案内―物語の隠れた小径へ
私の世界文学案内―物語の隠れた小径へ 渡辺京二
世界の十大小説 〈下〉
世界の十大小説 〈下〉 ウィリアム・サマセット・モーム 西川正身
世界の十大小説 〈上〉
世界の十大小説 〈上〉 ウィリアム・サマセット・モーム 西川正身
読書案内 - 世界文学
読書案内 - 世界文学 ウィリアム・サマセット・モーム 西川正身
名作の読解法―世界名作中編小説二〇選
名作の読解法―世界名作中編小説二〇選 塚崎幹夫
現代小説38の謎―『ユリシーズ』から『ロリータ』まで
現代小説38の謎―『ユリシーズ』から『ロリータ』まで サザーランド,ジョン・〈Sutherland,John〉 川口喬一【訳】
ヒースクリフは殺人犯か?―19世紀小説の34の謎
ヒースクリフは殺人犯か?―19世紀小説の34の謎 サザーランド,ジョン〈Sutherland,John〉 川口喬一【訳】
アウトサイダー
アウトサイダー コリン・ヘンリ・ウィルソン
夢見る力―文学と想像力
夢見る力―文学と想像力 ウィルソン,コリン〈Wilson,Colin〉 中村保男【訳】
『動物農場』ことば・政治・歌
『動物農場』ことば・政治・歌 川端康雄
作家の本音を読む―名作はことばのパズル
作家の本音を読む―名作はことばのパズル 坂本公延
恋のメランコリー―シェイクスピア喜劇世界のシミュレーション
恋のメランコリー―シェイクスピア喜劇世界のシミュレーション 中野春夫
『ロミオとジュリエット』恋におちる演劇術
『ロミオとジュリエット』恋におちる演劇術 河合祥一郎
小田島雄志のシェイクスピア遊学
小田島雄志のシェイクスピア遊学 小田島雄志
快読シェイクスピア
快読シェイクスピア 河合隼雄 松岡和子
シェイクスピア・カーニヴァル
シェイクスピア・カーニヴァル コット,ヤン〈Kott,Jan〉 高山宏【訳】
シェイクスピアのたくらみ
シェイクスピアのたくらみ 喜志哲雄
リチャード三世は悪人か
リチャード三世は悪人か 小谷野敦
シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと
シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと ブライソン,ビル〈Bryson,Bill〉 小田島則子 小田島恒志【訳】
思想としてのシェイクスピア―近代世界を読み解くキーワード50
思想としてのシェイクスピア―近代世界を読み解くキーワード50 本橋哲也
シェイクスピア―言語・欲望・貨幣
シェイクスピア―言語・欲望・貨幣 イーグルトン,テリー〈Eagleton,Terry〉 大橋洋一【訳】
謎解き『ハムレット』―名作のあかし
謎解き『ハムレット』―名作のあかし 河合祥一郎
とびきりお茶目な英文学入門
とびきりお茶目な英文学入門 ディックス,テランス〈Dicks,Terrance〉 尾崎寔【訳】
「不思議の国のアリス」を英語で読む
「不思議の国のアリス」を英語で読む 別宮貞徳
ジェイムス・ジョイスを読んだ猫
ジェイムス・ジョイスを読んだ猫 高橋源一郎
ナンセンス感覚
ナンセンス感覚 柳瀬尚紀
パラドックスの詩人 ジョン・ダン
パラドックスの詩人 ジョン・ダン 岡村眞紀子
ジョークとトリック - 頭を柔かくする発想
ジョークとトリック - 頭を柔かくする発想 織田正吉
奇想天外・英文学講義―シェイクスピアから「ホームズ」へ
奇想天外・英文学講義―シェイクスピアから「ホームズ」へ 高山宏
近代文化史入門―超英文学講義
近代文化史入門―超英文学講義 高山宏
綺想の饗宴―アリス狩り
綺想の饗宴―アリス狩り 高山宏
テクスト世紀末
テクスト世紀末 高山宏
カステロフィリア―記憶・建築・ピラネージ
カステロフィリア―記憶・建築・ピラネージ 高山宏
ガラスのような幸福―即物近代史序説
ガラスのような幸福―即物近代史序説 高山宏
世紀末異貌
世紀末異貌 高山宏
終末のオルガノン
終末のオルガノン 高山宏
ブック・カーニヴァル
ブック・カーニヴァル 高山宏
新人文感覚 〈2〉 雷神の撥
新人文感覚 〈2〉 雷神の撥 高山宏
魔の王が見る―バロック的想像力
魔の王が見る―バロック的想像力 高山宏
愉悦の蒐集―ヴンダーカンマーの謎
愉悦の蒐集―ヴンダーカンマーの謎 小宮正安
ウッツ男爵―ある蒐集家の物語
ウッツ男爵―ある蒐集家の物語 チャトウィン,ブルース〈Chatwin,Bruce〉 池内紀【訳】
ルネサンス様式の四段階―1400年~1700年における文学・美術の変貌
ルネサンス様式の四段階―1400年~1700年における文学・美術の変貌 サイファー,ワイリー〈Sypher,Wylie〉 河村錠一郎【訳】
文学におけるマニエリスム―言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術
文学におけるマニエリスム―言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術 ホッケ,グスタフ・ルネ〈Hocke,GustavRen´e〉 種村季弘【訳】
絶望と確信 - 20世紀末の芸術と文学のために
絶望と確信 - 20世紀末の芸術と文学のために グスタフ・ルネ・ホッケ 種村季弘
ルネサンスの文学―遍歴とパノラマ
ルネサンスの文学―遍歴とパノラマ 清水孝純
モーム語録
モーム語録 行方昭夫
モームの文学宇宙―仮面に隠れた人間観察
モームの文学宇宙―仮面に隠れた人間観察 柏原啓佐
優雅な生活が最高の復讐である
優雅な生活が最高の復讐である トムキンズ,カルヴィン〈Tomkins,Calvin〉 青山南【訳】
ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』
ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』 登張正実
ゲーテとの対話 〈上〉 (改版)
ゲーテとの対話 〈上〉 (改版) ヨハン・ペーター・エッケルマン 山下肇
ゲーテとの対話 〈中〉 (改版)
ゲーテとの対話 〈中〉 (改版) ヨハン・ペーター・エッケルマン 山下肇
ゲーテとの対話 〈下〉 (第36刷改版)
ゲーテとの対話 〈下〉 (第36刷改版) ヨハン・ペーター・エッケルマン 山下肇
ヱルテルは何故死んだか
ヱルテルは何故死んだか 保田与重郎
ゲーテ格言集 (改版)
ゲーテ格言集 (改版) ゲーテ〈Goethe,JohannWolfgangvon〉 高橋健二【編訳】
ゲーテさんこんばんは
ゲーテさんこんばんは 池内紀
ぼくのドイツ文学講義
ぼくのドイツ文学講義 池内紀
“過去の未来”と“未来の過去”―保坂一夫先生古稀記念論文集
“過去の未来”と“未来の過去”―保坂一夫先生古稀記念論文集 保坂一夫先生古稀記念論文集刊行委員会
ハイネの見た夢
ハイネの見た夢 木庭宏
カフカ事典
カフカ事典 池内紀 若林恵
カフカとの対話 (増補版)
カフカとの対話 (増補版) ヤノーホ,グスタフ〈Janouch,Gustav〉 吉田仙太郎【訳】
カフカの夢分析
カフカの夢分析 ガタリ,フェリックス〈Guattari,F´elix〉 ナドー,ステファヌ【編注】〈Nadaud,St´ephane〉 杉村昌昭【訳】
合わせ鏡の世界 - カフカにおけるメタフィクションの構造
合わせ鏡の世界 - カフカにおけるメタフィクションの構造 時見直洋
夢・アフォリズム・詩
夢・アフォリズム・詩 フランツ・カフカ 吉田仙太郎
わがままこそ最高の美徳
わがままこそ最高の美徳 ヘッセ,ヘルマン〈Hermann,Hesse〉 ミヒェルス,フォルカー〈Michels,Volker〉 岡田朝雄【訳】
人は成熟するにつれて若くなる
人は成熟するにつれて若くなる ヘッセ,ヘルマン〈Hesse,Hermann〉 ミヒェルス,フォルカー〈Michels,Volker〉 岡田朝雄【訳】
超訳 ヘッセの言葉
超訳 ヘッセの言葉 ヘッセ,ヘルマン〈Hesse,Hermann〉 白取春彦【編訳】
エンデのメモ箱 (岩波現代文庫)
エンデのメモ箱 (岩波現代文庫) エンデ,ミヒャエル〈Ende,Michael〉 田村都志夫【訳】
エンデのメモ箱
エンデのメモ箱 ミヒャエル・エンデ 田村都志夫
エンデの贈りもの
エンデの贈りもの 子安美知子【監修】 堀内美江
ミヒャエル・エンデ
ミヒャエル・エンデ 安達忠夫
ユリイカ 〈第47巻第17号〉 - 詩と批評 特集:ミヒャエル・エンデ
ユリイカ 〈第47巻第17号〉 - 詩と批評 特集:ミヒャエル・エンデ
ものがたりの余白―エンデが最後に話したこと
ものがたりの余白―エンデが最後に話したこと エンデ,ミヒャエル〈Ende,Michael〉 田村都志夫【聞き手・編訳】
三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話
三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話 エンデ,ミヒャエル〈Ende,Michael〉 井上ひさし 安野光雅 河合隼雄 子安美知子【編訳】
「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として
「モモ」を読む―シュタイナーの世界観を地下水として 子安美知子
エンデと語る―作品・半生・世界観
エンデと語る―作品・半生・世界観 子安美知子
オリーブの森で語りあう - ファンタジー・文化・政治
オリーブの森で語りあう - ファンタジー・文化・政治 ミヒャエル・エンデ 丘沢静也
文学と悪 (ちくま学芸文庫)
文学と悪 (ちくま学芸文庫) バタイユ,ジョルジュ〈Bataille,Georges〉 山本功【訳】
文学と悪
文学と悪 バタイユ,ジョルジュ〈Bataille,Georges〉 山本功【訳】
『ボヴァリー夫人』を読む―恋愛・金銭・デモクラシー
『ボヴァリー夫人』を読む―恋愛・金銭・デモクラシー 松沢和宏
わがスタンダール
わがスタンダール 大岡昇平
ユイスマンス伝
ユイスマンス伝 バルディック,ロバート〈Baldick,Robert〉 岡谷公二【訳】
謎とき「人間喜劇」
謎とき「人間喜劇」 柏木隆雄
曲説フランス文学
曲説フランス文学 渡辺一夫
パリの王様たち―ユゴー・デュマ・バルザック三大文豪大物くらべ
パリの王様たち―ユゴー・デュマ・バルザック三大文豪大物くらべ 鹿島茂
サン=ジェルマン=デ=プレ入門
サン=ジェルマン=デ=プレ入門 ヴィアン,ボリス〈Vian,Boris〉 浜本正文【訳】
ヴァレリー文学論 (改版6版)
ヴァレリー文学論 (改版6版) ヴァレリー,P.〈Val´ery,Paul〉 堀口大学【訳】
ヴァレリー―知性と感性の相剋
ヴァレリー―知性と感性の相剋 清水徹
ヴァレリー・セレクション 〈上〉
ヴァレリー・セレクション 〈上〉 ポール・ヴァレリー 東宏治
ヴァレリー・セレクション〈下〉
ヴァレリー・セレクション〈下〉 ヴァレリー,ポール〈Val´ery,Paul〉 東宏治 松田浩則【編訳】
レオナルド・ダ・ヴィンチ論
レオナルド・ダ・ヴィンチ論 ヴァレリー,ポール〈Val´ery,Paul〉 塚本昌則【訳】
ヴァレリーの肖像
ヴァレリーの肖像 清水徹
ヴァレリー集成〈1〉テスト氏と「物語」
ヴァレリー集成〈1〉テスト氏と「物語」 ヴァレリー,ポール〈Val´ery,Paul〉 恒川邦夫【編訳】
若きパルク/魅惑 (改訂普及版)
若きパルク/魅惑 (改訂普及版) ヴァレリー,ポール〈Val´ery,Paul〉 中井久夫【訳】
書物の解体学
書物の解体学 吉本隆明
文学空間
文学空間 モーリス・ブランショ 粟津則雄
異議申し立てとしての文学―モーリス・ブランショにおける孤独、友愛、共同性
異議申し立てとしての文学―モーリス・ブランショにおける孤独、友愛、共同性 西山雄二
不信の体系―「知の百科」ウンベルト・エコの文学空間
不信の体系―「知の百科」ウンベルト・エコの文学空間 コトロネーオ,ロベルト〈Cotroneo,Roberto〉 谷口伊兵衛 ピアッザ,ジョバンニ【訳】〈Piazza,Giovanni〉
いろいろな人たち - チャペック・エッセイ集
いろいろな人たち - チャペック・エッセイ集 カレル・チャペック 飯島周
ナボコフの文学講義〈上〉
ナボコフの文学講義〈上〉 ナボコフ,ウラジーミル〈Nabokov,Vladimir〉 野島秀勝【訳】
ナボコフの文学講義〈下〉
ナボコフの文学講義〈下〉 ナボコフ,ウラジーミル〈Nabokov,Vladimir〉 野島秀勝【訳】
ドストエフスキイ - その生涯と作品
ドストエフスキイ - その生涯と作品 埴谷雄高
謎とき『大審問官』
謎とき『大審問官』 埴谷雄高
21世紀 ドストエフスキーがやってくる
21世紀 ドストエフスキーがやってくる 大江健三郎【ほか著】
ドストエフスキー―謎とちから
ドストエフスキー―謎とちから 亀山郁夫
永遠のドストエフスキー―病いという才能
永遠のドストエフスキー―病いという才能 中村健之介
偏愛記―ドストエフスキーをめぐる旅
偏愛記―ドストエフスキーをめぐる旅 亀山郁夫
新訳『カラマーゾフの兄弟』を読む - 「父殺し」の深層
新訳『カラマーゾフの兄弟』を読む - 「父殺し」の深層 亀山郁夫
ドストエフスキー父殺しの文学〈上〉
ドストエフスキー父殺しの文学〈上〉 亀山郁夫
ドストエフスキー父殺しの文学〈下〉
ドストエフスキー父殺しの文学〈下〉 亀山郁夫
『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する
『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する 亀山郁夫
『罪と罰』ノート
『罪と罰』ノート 亀山郁夫
ドストエフスキイと日本人
ドストエフスキイと日本人 松本健一
ドストエフスキイの政治思想―渡辺京二傑作選〈4〉
ドストエフスキイの政治思想―渡辺京二傑作選〈4〉 渡辺京二
ドストエフスキイの生活 (改版)
ドストエフスキイの生活 (改版) 小林秀雄(文芸評論家)
Xへの手紙/私小説論 (改版)
Xへの手紙/私小説論 (改版) 小林秀雄(文芸評論家)
小説家が読むドストエフスキー
小説家が読むドストエフスキー 加賀乙彦
ドストエフスキー - 二重性から単一性へ
ドストエフスキー - 二重性から単一性へ ルネ・ジラール 鈴木晶
ドストエフスキーの詩学
ドストエフスキーの詩学 バフチン,ミハイル〈Bakhtin,MikhailMikhailovich〉 望月哲男 鈴木淳一【訳】
小説の言葉
小説の言葉 ミハイル・ミハイロヴィッチ・バフチン 伊東一郎(1949-)
ドストエフスキーの人間力
ドストエフスキーの人間力 齋藤孝
ドストエフスキーの創作の問題―付:より大胆に可能性を利用せよ
ドストエフスキーの創作の問題―付:より大胆に可能性を利用せよ バフチン,ミハイル 桑野隆【訳】
バフチン―カーニヴァル・対話・笑い
バフチン―カーニヴァル・対話・笑い 桑野隆
開かれた言葉―文学空間の亀裂
開かれた言葉―文学空間の亀裂 山形和美
書物合戦
書物合戦 樋口覚
書かれる手
書かれる手 堀江敏幸
古今黄金譚 - 古典の中の糞尿物語
古今黄金譚 - 古典の中の糞尿物語 林望
アメリカ文学のレッスン
アメリカ文学のレッスン 柴田元幸
代表質問―16のインタビュー
代表質問―16のインタビュー 柴田元幸
サリンジャー戦記―翻訳夜話〈2〉
サリンジャー戦記―翻訳夜話〈2〉 村上春樹 柴田元幸
佐藤君と柴田君
佐藤君と柴田君 佐藤良明 柴田元幸
アメリカ文学史のキーワード
アメリカ文学史のキーワード 巽孝之
記憶のポリティックス―アメリカ文学における忘却と想起
記憶のポリティックス―アメリカ文学における忘却と想起 松本昇 松本一裕 行方均
ケルアックに学べ―「オン・ザ・ロード」を読み解く6つのレッスン
ケルアックに学べ―「オン・ザ・ロード」を読み解く6つのレッスン リーランド,ジョン〈Leland,John〉 今井栄一【訳】
地の果ての夢、タンジール―ボウルズと異境の文学者たち
地の果ての夢、タンジール―ボウルズと異境の文学者たち グリーン,ミシェル〈Green,Michelle〉 新井潤美 太田昭子 小林宜子 平川節子【訳】
テネシー・ウィリアムズ回想録 (新装復刊)
テネシー・ウィリアムズ回想録 (新装復刊) ウィリアムズ,テネシー〈Williams,Tennessee〉 鳴海四郎【訳】
この世で一番幸せな男―ヘンリー・ミラーの生涯と作品
この世で一番幸せな男―ヘンリー・ミラーの生涯と作品 ディアボーン,メアリー・V.〈Dearborn,MaryV.〉 室岡博【訳】
アナイス・ニンの日記 1931~34―ヘンリー・ミラーとパリで
アナイス・ニンの日記 1931~34―ヘンリー・ミラーとパリで ニン,アナイス〈Nin,Anais〉 原麗衣【訳】
ダニエル・キイスの世界
ダニエル・キイスの世界 早川書房編集部
未完の女―リリアン・ヘルマン自伝
未完の女―リリアン・ヘルマン自伝 ヘルマン,リリアン〈Hellman,Lillian〉 稲葉明雄 本間千枝子【訳】
ヴァーチャル・フィクション―マルチメディア時代のアメリカ文学
ヴァーチャル・フィクション―マルチメディア時代のアメリカ文学 上岡伸雄
サイバーパンク・アメリカ
サイバーパンク・アメリカ 巽孝之
SFに何ができるか
SFに何ができるか ジュディス・メリル 浅倉久志
SFはどこまで可能か?
SFはどこまで可能か? 福江純
サイバネティックSFの誕生―ギリシャ神話から人工知能まで
サイバネティックSFの誕生―ギリシャ神話から人工知能まで ウォリック,パトリシア・S.〈Warrick,PatriciaS.〉 斉藤健一【訳】
21世紀SF1000
21世紀SF1000 大森望
機械じかけの夢―私的SF作家論
機械じかけの夢―私的SF作家論 笠井潔
『2001年宇宙の旅』講義
『2001年宇宙の旅』講義 巽孝之
200X年文学の旅
200X年文学の旅 柴田元幸 沼野充義
J・G・バラードの千年王国ユーザーズガイド
J・G・バラードの千年王国ユーザーズガイド バラード,J.G.〈Ballard,JamesGraham〉 木原善彦【訳】
澁澤龍彦 - ユートピアふたたび
澁澤龍彦 - ユートピアふたたび
私のこだわり人物伝 〈2007年10-11月〉
私のこだわり人物伝 〈2007年10-11月〉 細川護煕
澁澤龍彦コレクション 〈1〉 夢のかたち
澁澤龍彦コレクション 〈1〉 夢のかたち 澁澤龍彦
澁澤龍彦コレクション 〈2〉 オブジェを求めて
澁澤龍彦コレクション 〈2〉 オブジェを求めて 澁澤龍彦
言葉の標本函 夢のかたち―渋沢龍彦コレクション
言葉の標本函 夢のかたち―渋沢龍彦コレクション 渋沢龍彦
言葉の標本函 天使から怪物まで―渋沢龍彦コレクション
言葉の標本函 天使から怪物まで―渋沢龍彦コレクション 渋沢龍彦
澁澤龍彦スペシャル IIドラコニア・ガイドマップ
澁澤龍彦スペシャル IIドラコニア・ガイドマップ
澁澤龍彦スペシャル Iシブサワ・クロニクル
澁澤龍彦スペシャル Iシブサワ・クロニクル
澁澤龍彦との日々
澁澤龍彦との日々 澁澤龍子
澁澤龍彦ドラコニア・ワールド
澁澤龍彦ドラコニア・ワールド 澁澤龍彦 澁澤龍子 沢渡朔【写真】
渋沢龍彦をめぐるエッセイ集成〈1〉
渋沢龍彦をめぐるエッセイ集成〈1〉 河出書房新社編集部
渋沢龍彦考
渋沢龍彦考 巌谷国士
エロス的人間
エロス的人間 澁澤龍彦
エロティシズム (中公文庫)
エロティシズム (中公文庫) 澁澤龍彦
少女コレクション序説
少女コレクション序説 澁澤龍彦
裸婦の中の裸婦
裸婦の中の裸婦 渋沢龍彦 巌谷国士
悪魔のいる文学史 - 神秘家と狂詩人
悪魔のいる文学史 - 神秘家と狂詩人 澁澤龍彦
東西不思議物語
東西不思議物語 澁澤龍彦
世界悪女物語
世界悪女物語 澁澤龍彦
異端の肖像 (新装新版)
異端の肖像 (新装新版) 澁澤龍彦
幻想博物誌
幻想博物誌 澁澤龍彦
黒魔術の手帖
黒魔術の手帖 澁澤龍彦
毒薬の手帖
毒薬の手帖 澁澤龍彦
秘密結社の手帖
秘密結社の手帖 澁澤龍彦
妖人奇人館 (新装新版)
妖人奇人館 (新装新版) 澁澤龍彦
夢の宇宙誌 - コスモグラフィア・ファンタスティカ
夢の宇宙誌 - コスモグラフィア・ファンタスティカ 澁澤龍彦
胡桃の中の世界
胡桃の中の世界 澁澤龍彦
思考の紋章学
思考の紋章学 澁澤龍彦
黄金時代
黄金時代 澁沢龍彦
神聖受胎
神聖受胎 渋沢龍彦
幻想の肖像
幻想の肖像 渋沢龍彦
スクリーンの夢魔
スクリーンの夢魔 渋沢龍彦
幻想の彼方へ
幻想の彼方へ 渋沢龍彦
華やかな食物誌
華やかな食物誌 渋沢龍彦
女のエピソード
女のエピソード 渋沢龍彦
エロスの解剖
エロスの解剖 渋沢龍彦
唐草物語
唐草物語 渋沢龍彦
私のプリニウス
私のプリニウス 渋沢龍彦
洞窟の偶像―渋沢龍彦コレクション
洞窟の偶像―渋沢龍彦コレクション 渋沢龍彦
悪魔の中世
悪魔の中世 渋沢龍彦
城 夢想と現実のモニュメント―渋沢龍彦コレクション
城 夢想と現実のモニュメント―渋沢龍彦コレクション 渋沢龍彦
夢のある部屋―渋沢龍彦コレクション
夢のある部屋―渋沢龍彦コレクション 渋沢龍彦
太陽王と月の王
太陽王と月の王 澁澤龍彦
幸福は永遠に女だけのものだ
幸福は永遠に女だけのものだ 澁澤龍彦
世紀末画廊
世紀末画廊 澁澤龍彦
澁澤龍彦書評集成
澁澤龍彦書評集成 澁澤龍彦
澁澤龍彦 映画論集成
澁澤龍彦 映画論集成 澁澤龍彦
澁澤龍彦西欧芸術論集成〈上〉
澁澤龍彦西欧芸術論集成〈上〉 澁澤龍彦
澁澤龍彦西欧芸術論集成〈下〉
澁澤龍彦西欧芸術論集成〈下〉 澁澤龍彦
澁澤龍彦 西欧文芸批評集成
澁澤龍彦 西欧文芸批評集成 澁澤龍彦
澁澤龍彦西欧作家論集成〈上〉
澁澤龍彦西欧作家論集成〈上〉 澁澤龍彦
澁澤龍彦西欧作家論集成〈下〉
澁澤龍彦西欧作家論集成〈下〉 澁澤龍彦
世界幻想名作集
世界幻想名作集 渋沢龍彦
滞欧日記
滞欧日記 渋沢龍彦 巌谷国士
旅の仲間―澁澤龍彦・堀内誠一往復書簡
旅の仲間―澁澤龍彦・堀内誠一往復書簡 澁澤龍彦 堀内誠一 巖谷國士
吸血鬼幻想
吸血鬼幻想 種村季弘
怪物の解剖学
怪物の解剖学 種村季弘
永遠の歴史
永遠の歴史 ボルヘス,ホルヘ・ルイス〈Borges,JorgeLuis〉 土岐恒二【訳】
私の書かなかった本
私の書かなかった本 ジョージ・スタイナー〈Steiner,George〉 伊藤誓 磯山甚一 大島由紀夫【訳】
悲劇の死
悲劇の死 スタイナー,ジョージ〈Steiner,George〉 喜志哲雄 蜂谷昭雄【訳】
要約 世界文学全集〈1〉
要約 世界文学全集〈1〉 木原武一
要約 世界文学全集〈2〉
要約 世界文学全集〈2〉 木原武一
悪の引用句辞典―マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき
悪の引用句辞典―マキアヴェリ、シェイクスピア、吉本隆明かく語りき 鹿島茂
トマス・ピンチョン - 無政府主義的奇跡の宇宙
トマス・ピンチョン - 無政府主義的奇跡の宇宙 木原善彦
「忘却」の文学史―ひとは何を忘れ、何を記憶してきたか
「忘却」の文学史―ひとは何を忘れ、何を記憶してきたか ヴァインリヒ,ハラルト〈Weinrich,Harald〉 中尾光延【訳】
アルス・コンビナトリア―象徴主義と記号論理学
アルス・コンビナトリア―象徴主義と記号論理学 ノイバウアー,ジョン〈Neubauer,John〉 原研二【訳】
フランケンシュタイン・コンプレックス―人間は、いつ怪物になるのか
フランケンシュタイン・コンプレックス―人間は、いつ怪物になるのか 小野俊太郎
夢想の研究―活字と映像の想像力
夢想の研究―活字と映像の想像力 瀬戸川猛資
幻想文学論序説
幻想文学論序説 トドロフ,ツヴェタン〈Todorov,Tzvetan〉 三好郁朗【訳】
発端への旅―コリン・ウィルソン自伝
発端への旅―コリン・ウィルソン自伝 ウィルソン,コリン〈Wilson,Colin〉 飛田茂雄【訳】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です