K27エンジニアリング

工学の歴史―機械工学を中心に
工学の歴史―機械工学を中心に 三輪修三
技術の社会学
技術の社会学 加藤秀俊
文化としての技術
文化としての技術 佐和隆光
ゼムクリップから技術の世界が見える―アイデアが形になるまで
ゼムクリップから技術の世界が見える―アイデアが形になるまで ペトロスキー,ヘンリー〈Petroski,Henry〉 忠平美幸【訳】
橋はなぜ落ちたのか―設計の失敗学
橋はなぜ落ちたのか―設計の失敗学 ペトロスキー,ヘンリー〈Petroski,Henry〉 中島秀人 綾野博之【訳】
技術知の位相―プロセス知の視点から
技術知の位相―プロセス知の視点から 吉川弘之【監修】 田浦俊春 小山照夫 伊藤公俊
技術知の本質―文脈性と創造性
技術知の本質―文脈性と創造性 吉川弘之【監修】 田浦俊春 小山照夫 伊藤公俊
技術知の射程―人工物環境と知
技術知の射程―人工物環境と知 吉川弘之【監修】 田浦俊春 小山照夫 伊藤公俊
実践知―エキスパートの知性
実践知―エキスパートの知性 金井壽宏 楠見孝
専門家の知恵―反省的実践家は行為しながら考える
専門家の知恵―反省的実践家は行為しながら考える ショーン,ドナルド〈Sch¨on,DonaldA.〉 佐藤学 秋田喜代美【訳】
技術屋(エンジニア)の心眼
技術屋(エンジニア)の心眼 ファーガソン,E.S.〈Ferguson,EugeneS.〉 藤原良樹 砂田久吉【訳】
シブすぎ技術に男泣き!
シブすぎ技術に男泣き! 見ル野栄司
我らクレイジー☆エンジニア主義
我らクレイジー☆エンジニア主義 リクナビNEXTTech総研
人はだれでもエンジニア―失敗はいかにして成功のもとになるか
人はだれでもエンジニア―失敗はいかにして成功のもとになるか ペトロスキ,ヘンリー〈Petroski,Henry〉 北村美都穂【訳】
メタルカラー烈伝 鉄
メタルカラー烈伝 鉄 山根一眞
メタルカラーの時代〈1〉 (文庫版)
メタルカラーの時代〈1〉 (文庫版) 山根一真
メタルカラーの時代〈2〉 (文庫版)
メタルカラーの時代〈2〉 (文庫版) 山根一真
メタルカラーの時代〈3〉
メタルカラーの時代〈3〉 山根一真
メタルカラーの時代〈4〉
メタルカラーの時代〈4〉 山根一真
メタルカラーの時代〈5〉
メタルカラーの時代〈5〉 山根一真
メタルカラーの時代〈6〉ロケットと深海艇の挑戦者
メタルカラーの時代〈6〉ロケットと深海艇の挑戦者 山根一真
メタルカラーの時代〈7〉デジタル維新の一番走者
メタルカラーの時代〈7〉デジタル維新の一番走者 山根一真
メタルカラーの時代〈8〉役者揃いの北九州メタル都市
メタルカラーの時代〈8〉役者揃いの北九州メタル都市 山根一真
メタルカラーの時代〈9〉「壊れぬ技術」のメダリスト
メタルカラーの時代〈9〉「壊れぬ技術」のメダリスト 山根一真
メタルカラーの時代〈10〉猛速度こそ我が人生
メタルカラーの時代〈10〉猛速度こそ我が人生 山根一真
メタルカラーの時代〈11〉わくわくする大科学の創造主
メタルカラーの時代〈11〉わくわくする大科学の創造主 山根一眞
メタルカラーの時代〈12〉空前絶後のスーパー仕事師
メタルカラーの時代〈12〉空前絶後のスーパー仕事師 山根一眞
メタルカラーの時代〈13〉100年後に残すメガ仕事
メタルカラーの時代〈13〉100年後に残すメガ仕事 山根一眞
文庫版 メタルカラーの時代〈14〉クールアースの創世記
文庫版 メタルカラーの時代〈14〉クールアースの創世記 山根一眞
文庫版 メタルカラーの時代〈15〉町工場からノーベル賞まで
文庫版 メタルカラーの時代〈15〉町工場からノーベル賞まで 山根一眞
鉄を削る―町工場の技術
鉄を削る―町工場の技術 小関智弘
町工場 世界を超える技術報告
町工場 世界を超える技術報告 小関智弘
町工場・スーパーなものづくり
町工場・スーパーなものづくり 小関智弘
どっこい大田の工匠たち―町工場の最前線
どっこい大田の工匠たち―町工場の最前線 小関智弘
大森界隈職人往来
大森界隈職人往来 小関智弘
考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡
考える一族―カシオ四兄弟・先端技術の航跡 内橋克人
ものづくり経営学―製造業を超える生産思想
ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 藤本隆宏 東京大学21世紀COEものづくり経営研究センター
ものづくり成長戦略―「産・金・官・学」の地域連携が日本を変える
ものづくり成長戦略―「産・金・官・学」の地域連携が日本を変える 藤本隆宏 柴田孝
世界が大切にするニッポン工場力
世界が大切にするニッポン工場力 根岸康雄
モノづくりのこころ
モノづくりのこころ 常盤文克
日本のもの造り哲学
日本のもの造り哲学 藤本隆宏
匠の時代 〈第1巻〉
匠の時代 〈第1巻〉 内橋克人
匠の時代 〈第2巻〉
匠の時代 〈第2巻〉 内橋克人
匠の時代 〈第3巻〉
匠の時代 〈第3巻〉 内橋克人
匠の時代〈第12巻〉IBM・ホンダ
匠の時代〈第12巻〉IBM・ホンダ 内橋克人
新版 匠の時代〈第1巻〉 (新版)
新版 匠の時代〈第1巻〉 (新版) 内橋克人
新版 匠の時代〈第2巻〉 (新版)
新版 匠の時代〈第2巻〉 (新版) 内橋克人
新版 匠の時代〈第3巻〉 (新版)
新版 匠の時代〈第3巻〉 (新版) 内橋克人
「研究」と「開発」を考える―現場からの発想
「研究」と「開発」を考える―現場からの発想 斎藤冨士郎
誰にも書けなかった最強の研究開発戦略システム
誰にも書けなかった最強の研究開発戦略システム 赤塔政基
市場創造の研究開発マネジメント―「R&D生産性」をどう高めるか
市場創造の研究開発マネジメント―「R&D生産性」をどう高めるか 浦川卓也
研究マネージメントひとりごと
研究マネージメントひとりごと 葉原耕平
技術経営の挑戦
技術経営の挑戦 寺本義也 山本尚利
技術経営―未来をイノベートする
技術経営―未来をイノベートする 山田肇
技術統合―理論・経営・問題解決
技術統合―理論・経営・問題解決 イアンシティ,マルコ〈Iansiti,Marco〉 NTTコミュニケーションウェア【訳】
ソニー技術の秘密
ソニー技術の秘密 木原信敏
実践カルチュラル・スタディーズ―ソニー・ウォークマンの戦略
実践カルチュラル・スタディーズ―ソニー・ウォークマンの戦略 ドゥ・ゲイ,ポール〈DuGay,Paul〉 ホール,ステュアート〈Hall,Stuart〉 ジェーンズ,リンダ〈Janes,Linda〉 マッケイ,ヒュー〈Mackay,Hugh
知って得するソフトウェア特許・著作権 (改訂3版)
知って得するソフトウェア特許・著作権 (改訂3版) 古谷栄男 松下正 真島宏明
特許が世界を塗り変える―技術覇権250年の攻防
特許が世界を塗り変える―技術覇権250年の攻防 井上岳史
知られざる特殊特許の世界
知られざる特殊特許の世界 稲森謙太郎
技人(わざびと)ニッポン―もの作りは「元気」も創る
技人(わざびと)ニッポン―もの作りは「元気」も創る 日本経済新聞社
職人ワザ!
職人ワザ! いとうせいこう
日本の技術(ワザ)は世界一―先端企業96社
日本の技術(ワザ)は世界一―先端企業96社 毎日新聞経済部
増補版 日本の技術(ワザ)は世界一―先端企業100社 (増補版)
増補版 日本の技術(ワザ)は世界一―先端企業100社 (増補版) 毎日新聞経済部
フェラーリと鉄瓶―一本の線から生まれる「価値あるものづくり」
フェラーリと鉄瓶―一本の線から生まれる「価値あるものづくり」 奥山清行
テクノヘゲモニー―国は技術で興り、滅びる
テクノヘゲモニー―国は技術で興り、滅びる 薬師寺泰蔵
電子立国 日本の自叙伝〈3〉
電子立国 日本の自叙伝〈3〉 相田洋
電子立国日本の自叙伝〈4〉
電子立国日本の自叙伝〈4〉 相田洋
電子立国 日本の自叙伝〈5〉
電子立国 日本の自叙伝〈5〉 相田洋
電子立国 日本の自叙伝〈7〉―8ミリ角の半導体をめぐる男たちのドラマ
電子立国 日本の自叙伝〈7〉―8ミリ角の半導体をめぐる男たちのドラマ 相田洋
新・電子立国〈2〉マイコン・マシーンの時代
新・電子立国〈2〉マイコン・マシーンの時代 相田洋 荒井岳夫
新・電子立国 〈第5巻〉 - NHKスペシャル 驚異の巨大システム 相田洋
新・電子立国 〈第5巻〉 - NHKスペシャル 驚異の巨大システム 相田洋 相田洋 荒井岳夫【執筆】
新・電子立国 〈第6巻〉 - NHKスペシャル コンピューター地球網 相田洋
新・電子立国 〈第6巻〉 - NHKスペシャル コンピューター地球網 相田洋 相田洋 矢吹寿秀
未来を見抜いた人―クリエイション立国日本のリーダーたち
未来を見抜いた人―クリエイション立国日本のリーダーたち マガジンハウス東京ファッション協会
NHKスペシャル 新・電子立国〈4〉ビデオゲーム・巨富の攻防
NHKスペシャル 新・電子立国〈4〉ビデオゲーム・巨富の攻防 相田洋 大墻敦【執筆】
インクジェット時代がきた!―液晶テレビも骨も作れる驚異の技術
インクジェット時代がきた!―液晶テレビも骨も作れる驚異の技術 山口修一 山路達也
文科系の技術読本
文科系の技術読本 森谷正規〔モリタニ マサノリ〕
テクノマエストロ
テクノマエストロ 中野不二男【監修】 フジテレビ ホリプロ
ファミコンの驚くべき発想力―限界を突破する技術に学べ
ファミコンの驚くべき発想力―限界を突破する技術に学べ 松浦健一郎 司ゆき
電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ
電車の運転―運転士が語る鉄道のしくみ 宇田賢吉
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? 三戸祐子
鉄道会社はややこしい
鉄道会社はややこしい 所澤秀樹
渋滞学
渋滞学 西成活裕
無駄学
無駄学 西成活裕
誤解学
誤解学 西成活裕
JAPANESE MAKERS ジャパニーズメイカーズ―日本の「新」モノづくり列伝 小さな作業場から生まれるすごいモノ
JAPANESE MAKERS ジャパニーズメイカーズ―日本の「新」モノづくり列伝 小さな作業場から生まれるすごいモノ 草〓洋平
ソニーの革命児たち―「プレイステーション」世界制覇を仕掛けた男たちの発想と行動
ソニーの革命児たち―「プレイステーション」世界制覇を仕掛けた男たちの発想と行動 麻倉怜士
開発者列伝―あのヒット商品はこうして生まれた
開発者列伝―あのヒット商品はこうして生まれた 日経エレクトロニクス
京阪バレー―日本を変革する新・優良企業たち
京阪バレー―日本を変革する新・優良企業たち 日本経済新聞社
「エンジンのないクルマ」が変える世界―EV(電気自動車)の経営戦略を探る
「エンジンのないクルマ」が変える世界―EV(電気自動車)の経営戦略を探る 大久保隆弘
よい製品とは何か―スタンフォード大学伝説の「ものづくり」講義
よい製品とは何か―スタンフォード大学伝説の「ものづくり」講義 アダムズ,ジェイムズ・L.〈Adams,JamesL.〉 石原薫【訳】
カイゼン・リーダー養成塾―モノづくりは人づくり 心技体の充実でリーダーを養成する
カイゼン・リーダー養成塾―モノづくりは人づくり 心技体の充実でリーダーを養成する 小森治
キャッシュフロー生産管理―ものづくりからキャッシュの創造へ
キャッシュフロー生産管理―ものづくりからキャッシュの創造へ 青柳六郎太 上岡恵子
テクテクノロジー革命―非電化とスロービジネスが未来をひらく
テクテクノロジー革命―非電化とスロービジネスが未来をひらく 藤村靖之 辻信一
トヨタを知るということ
トヨタを知るということ 中沢孝夫 赤池学
「トヨタ式」大全―世界の製造業を制した192の知恵
「トヨタ式」大全―世界の製造業を制した192の知恵 若松義人
トヨタ生産方式 - 脱規模の経営をめざして
トヨタ生産方式 - 脱規模の経営をめざして 大野耐一
トヨタ生産方式でドラッカーの『マネジメント』を読み解く
トヨタ生産方式でドラッカーの『マネジメント』を読み解く 岩月伸郎
トヨタはどうやってレクサスを創ったのか―“日本発世界へ”を実現したトヨタの組織能力
トヨタはどうやってレクサスを創ったのか―“日本発世界へ”を実現したトヨタの組織能力 高木晴夫
NPSの極意
NPSの極意 木下幹彌
ロングセラー技術のつくり方―ネットワーク発想で解き明かす
ロングセラー技術のつくり方―ネットワーク発想で解き明かす 武末高裕
中国的工場カイゼン記
中国的工場カイゼン記 遠藤健治
受注生産に徹すれば利益はついてくる!―取引先に信頼で応える“おもてなし”経営
受注生産に徹すれば利益はついてくる!―取引先に信頼で応える“おもてなし”経営 本間峰一
図解入門ビジネス 最新在庫管理の基本と仕組みがよーくわかる本―物流担当者の実践ハンドブック
図解入門ビジネス 最新在庫管理の基本と仕組みがよーくわかる本―物流担当者の実践ハンドブック 湯浅和夫 内田明美子 芝田稔子
新幹線をつくった男 島秀雄物語
新幹線をつくった男 島秀雄物語 高橋団吉
生産マネジメント入門〈1〉生産システム編
生産マネジメント入門〈1〉生産システム編 藤本隆宏
生産マネジメント入門〈2〉生産資源・技術管理編
生産マネジメント入門〈2〉生産資源・技術管理編 藤本隆宏
生産管理の基本としくみ―図解でわかる すぐに役立つ
生産管理の基本としくみ―図解でわかる すぐに役立つ 田島悟
経営工学ライブラリー 〈7〉 生産管理 黒田充
経営工学ライブラリー 〈7〉 生産管理 黒田充 黒田充 田部勉 円川隆夫 中根甚一郎
絵でみる在庫管理のしくみ
絵でみる在庫管理のしくみ 湯浅和夫
自動車新世紀・勝者の条件―「石油」から「電気」への大転換
自動車新世紀・勝者の条件―「石油」から「電気」への大転換 日本経済新聞社
道路は、だれのものか―交通革新モデル「駐車デポジットシステム」のインパクト
道路は、だれのものか―交通革新モデル「駐車デポジットシステム」のインパクト 森川高行
電気自動車が革新する企業戦略―自動車、ハイテク、素材、エネルギー、通信産業へのインパクト
電気自動車が革新する企業戦略―自動車、ハイテク、素材、エネルギー、通信産業へのインパクト A.T.カーニー 川原英司【ほか著】 日経AutomotiveTechnology
“標準”の哲学―スタンダード・テクノロジーの三〇〇年
“標準”の哲学―スタンダード・テクノロジーの三〇〇年 橋本毅彦
「考えるクルマ」が世界を変える―アーバン・モビリティの革命
「考えるクルマ」が世界を変える―アーバン・モビリティの革命 ミッチェル,ウィリアム・J.〈Mitchell,WilliamJ.〉 ボローニ=バード,クリストファー・E.〈Borroni‐Bird,ChristopherE.〉 バーンズ,ローレンス・D.〈Burns,LawrenceD.〉 室田泰
ものづくり2.0―メイカーズムーブメントの日本的展開
ものづくり2.0―メイカーズムーブメントの日本的展開 宇野常寛
インテルの製品開発を支えるSFプロトタイピング
インテルの製品開発を支えるSFプロトタイピング ジョンソン,ブライアン・デイビッド〈Johnson,BrianDavid〉 細谷功【選・監修】 島本範之【訳】
キカイはどこまで人の代わりができるか?―職人ロボットから医療ロボットまで人の暮らしを変えたキカイたち
キカイはどこまで人の代わりができるか?―職人ロボットから医療ロボットまで人の暮らしを変えたキカイたち 井上猛雄
キーエンス―世界が注目する付加価値創造企業
キーエンス―世界が注目する付加価値創造企業 日経BPコンサルティング企業研究会
ハイテクハイタッチ―ハイテクハイタッチとは物事を眺めるときに必要な『人間らしさ』というレンズ
ハイテクハイタッチ―ハイテクハイタッチとは物事を眺めるときに必要な『人間らしさ』というレンズ ネズビッツ,ジョン〈Naisbitt,John〉 久保恵美子【訳】
ヒット商品を生む観察工学―これからのSE、開発・企画者へ
ヒット商品を生む観察工学―これからのSE、開発・企画者へ 山岡俊樹
プロジェクトデザイン入門―チームラーニングで新しい価値を創造する〈1〉
プロジェクトデザイン入門―チームラーニングで新しい価値を創造する〈1〉 千徳英一 岩田節雄
プロジェクトデザイン実践―チームラーニングで新しい価値を創造する〈3〉
プロジェクトデザイン実践―チームラーニングで新しい価値を創造する〈3〉 千徳英一 岩田節雄
プロジェクトデザイン1・2―チームラーニングで新しい価値を創造する〈2〉
プロジェクトデザイン1・2―チームラーニングで新しい価値を創造する〈2〉 千徳英一 岩田節雄
メイカーズ進化論―本当の勝者はIoTで決まる
メイカーズ進化論―本当の勝者はIoTで決まる 小笠原治
レジリエンス 復活力―あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か
レジリエンス 復活力―あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か ゾッリ,アンドリュー〈Zolli,Andrew〉 ヒーリー,アン・マリー〈Healy,AnnMarie〉 須川綾子【訳】
世界史にみる技術と戦略 - 核なき時代への日本の進路
世界史にみる技術と戦略 - 核なき時代への日本の進路 石井豊村
人と「機械」をつなぐデザイン
人と「機械」をつなぐデザイン 佐倉統
価値づくり経営の論理―日本製造業の生きる道
価値づくり経営の論理―日本製造業の生きる道 延岡健太郎
分解大全 - スマホやタブレット端末、PC、ゲーム機の中身から設
分解大全 - スマホやタブレット端末、PC、ゲーム機の中身から設 日経エレクトロニクス編集部
分解大全 〈2〉 人気機器の魅力を“内部”から迫る
分解大全 〈2〉 人気機器の魅力を“内部”から迫る 日経エレクトロニクス編集部
分解大全 〈3〉 開けて分かった人気の秘密
分解大全 〈3〉 開けて分かった人気の秘密 日経エレクトロニクス編集部
大前研一 IoT革命
大前研一 IoT革命 大前研一
実践Fabプロジェクトノート―3Dプリンターやレーザー加工機を使ったデジタルファブリケーションのアイデア40
実践Fabプロジェクトノート―3Dプリンターやレーザー加工機を使ったデジタルファブリケーションのアイデア40 Fabの本制作委員会
技術力で稼ぐ!日本のすごい町工場―ものづくりの現場から
技術力で稼ぐ!日本のすごい町工場―ものづくりの現場から 日経産業新聞
日本新世紀―技術文明の流れを読む
日本新世紀―技術文明の流れを読む 石井威望
日本版インダストリー4.0の教科書―IoT時代のモノづくり戦略
日本版インダストリー4.0の教科書―IoT時代のモノづくり戦略 山田太郎
明日を拓く55の技術―専門記者200人が選ぶ
明日を拓く55の技術―専門記者200人が選ぶ 日経BPテクノインパクトプロジェクト
限界費用ゼロ社会―“モノのインターネット”と共有型経済の台頭
限界費用ゼロ社会―“モノのインターネット”と共有型経済の台頭 リフキン,ジェレミー〈Rifkin,Jeremy〉 柴田裕之【訳】
FABに何が可能か―「つくりながら生きる」21世紀の野生の思考
FABに何が可能か―「つくりながら生きる」21世紀の野生の思考 田中浩也 門田和雄
IoTは日本企業への警告である―24時間「機械に監視される時代」のビジネスの条件
IoTは日本企業への警告である―24時間「機械に監視される時代」のビジネスの条件 齋藤ウィリアム浩幸
RICHARD MILLE プロフェッショナル・コンセプター―1億4000万円の腕時計を作るという必然
RICHARD MILLE プロフェッショナル・コンセプター―1億4000万円の腕時計を作るという必然 川上康介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です